野球に関する情報をまとめたサイトです

そうだ、野球をしよう!

野球のルールを覚える

スポーツにはルールがあり、その決められた中で競い合うからこそ素晴らしいドラマが存在します。
野球についても一通りのルールがあるので、本格的に野球をやる場合にはそのルールを覚える必要があります。
野球のルールを覚えるために、最も手っ取り早い方法は、実際に野球観戦をして、その記録をスコアブックに書くことで、細かいルールが頭に叩きこまれます。
スコアブックの書き方は、スコアブックに説明があるので、それで覚えることが可能です。
なぜ、この覚え方が有効かというと、それは野球ではその局面でしか使うことのないサインプレーが存在するためです。
例えば、ヒットエンドランは塁にランナーがいる時しか出しません。
攻撃にもサインプレーが存在しますが、守備においても同様にサインプレーが存在し、常にその時の状況によって変化させています。
そのようなちょっとしたサインプレーや、選手の動きというのは試合の流れを把握している時にしか理解できません。
よって、このスコアブックに記載する方法が最もルールを覚える方法なのです。

日本を代表するスポーツ「野球」とは

野球とは、それぞれ9人以上の選手からなる2つのチームが、攻撃と守備を行うことで得点を取り合う、「ベースボール」というスポーツのことを言います。
「野球」とは、明治期に中馬庚が作ったと言われる言葉です。主にアメリカ合衆国やキューバ、ドミニカ共和国、ベネズエラ、プエルトリコ、韓国、台湾などで盛んに行われており、日本でも日常会話に、ヒット、アウト、セーフ、続投などの野球用語が使われるなど、おなじみの国民的スポーツとなっています。各国各地でプロリーグが設立されており、賑わいを見せています。使用する用具には様々なものがあり、選手は基本的に専用のユニフォームを着用します。キャッチャーと呼ばれるポジションの人はマスクやプロテクターなどの防具をつけます。使われるボールには、硬式球、軟式球、準硬式球があります。バットには金属製、木製、また最近は繊維強化のプラスチックバットといったものもあります。
試合形式としてはまず、守備側の選手がそれぞれポジションにつき、ピッチャーが投げたボールを攻撃側のバッターがバットを使って打ち返し、フェアゾーンと呼ばれる範囲内にボールを飛ばすことができれば1塁、2塁、3塁、本塁と進むことができ、得点が入ります。守備側の選手は、攻撃側の選手が本塁に到達しないようにアウトをとることが目的です。これを行うことをイニングといいます。守備側が3つアウトをとることができれば攻守交代となり、これを決められたイニングまで交互に進めていき、最終的に合計得点の多かったチームが勝利となります。

注目サイト

金 買取
http://kaitori.housekihiroba.jp/gold_buy2.html
子供服 女の子
http://www.rakuten.co.jp/shine-mamaandkids/
毛穴をきれいにする洗顔
http://junhakudo.com/
大阪で探偵を雇う
http://tubest.co.jp/
最高級一粒ダイヤモンドのネックレス
http://www.jewelry-yano.com/

2014/10/21 更新

COPY RIGHT (C) そうだ、野球をしよう! ALL RIGHT RESERVED